読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宴会芸をプロデュース

「模倣じゃない、オマージュだ」の考えでやってます。

かっこいいゲッツー

個人的にはシュールなネタが好きです。芸人でいうと、ラーメンズバカリズムのイメージでしょうか。大爆笑ではないかもしれないけれど、おかしみがじわじわくる。観客に「ん?」と思わせておいて、「あー、そういうことね。くすくす」と笑わせる。そんなのが理想だったりします。2013年秋の「なんてたって宴会芸」では、オープンニングにシュールなネタを持ってきました。

 

登場人物は後輩Hと僕の2人。椅子に座って「どんな宴会芸をしようか」という打ち合わせをするシーンからはじまります。「宴会芸の打ち合わせを宴会芸でやる」ということ自体がシュールなのかもしれませんが、まずはホームラン狙いではなくヒットで塁を埋めていくことにしました。

 

僕「まずは宴会芸のコンセプト的なもん、決めてみる?」

H「コンセプト、ですか?」

僕「最近なにが流行ってるかな?」

H「流行ってるもの・・・野球とか?」

(※Hは大の野球好きで、早朝野球に精を出しています)

僕「それって別に最近じゃないよな?」

(※このあたりでちょっとずつ「くすくす」きはじめています)

H(急に立ち上がってセカンドを守る野球選手になり、逆シングルでボールをキャッチ、そのままショート役の僕にグラブトス)

僕(受け取ったボールをファーストに向かってジャンピングスロー)

二人「へい!」(ハイタッチ)

(※不思議そうな雰囲気の中にも笑いが・・・)

僕「なにこれ?」

(※ノッてやってるにも関わらず素に戻るわけです)

H「かっこいいゲッツーをやる遊びです」

(※ようやく意味が伝わり大きめの笑いが起こります)

僕「流行ってる?」

H「どうなんでしょう?」

 

・・・という感じで次のネタへと移行していきます。

真面目な打ち合わせから不真面目な遊びへ。

つまり緊張と弛緩によって笑いが生じるわけです。

 

やっぱり笑いには緩急が必要なんですね。

うーん、今回は野球的表現が多くなってしまいました。