読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宴会芸をプロデュース

「模倣じゃない、オマージュだ」の考えでやってます。

アイドルといえば・・・オタク

僕は「メンバー全員参加型」を信条としていますので、宴会芸において完全な裏方は基本的につくりません。どんなチョイ役でも舞台に上がってもらう。そんななか、BとDの2人()の配役について頭を悩ませていました。どちらかといえば2人とも普段のキャラが薄いので、よっぽど振り切らないと中途半端になってしまいます。「男装アイドル」なんていうアイデアも出ましたが、スベりそうな臭いがプンプン・・・。で、最終的に採用したのが「オタク」でした。アイドルといえばオタク。「お野菜のメモリーズ」でヘルプに入ってもらったオタク2人()をベースに、とことんキモくアレンジし、「アイドルの有識者」という立ち位置で登場してもらうことにしました。

 

B・D  (舞台下手より、二人くっついてアイドル雑誌を見ながら登場)

 B「ヤキ氏、ヤキ氏。次にブレイクするアイドルについて、ヤキ氏はどう見るでありますか?」

D「それは愚問!」

B「なな、なんと!」

D「この世は群雄割拠のアイドル戦国時代!」

B「鉄道アイドル、落語アイドル、自衛隊アイドル・・・正直もうわけがわからんであります」

D 「しかーし!最後に勝つのは、王道アイドルに間違いないでござるよ!」

B「王道アイドル?つまり原点回帰、というわけでありますか?」

D「その通り!」

B「さすがはヤキ氏!20周年だろうが何だろうが、原点は決して忘れてはいけない。いやぁ、深いですなぁ」

D「ですなぁ」

B「ですなぁ」

B・D    (「ですなぁ」を連呼しながら下手へ退場)

 

・・・うーん、この人たちはいったい何を言っているんでしょう?それでも、ブリッジ(お笑い用語でショートコントなどの連続したネタの間にはさむ言葉や動作のこと)的な役割を見事に果たしてくれました。